おでかけ

梅林アスレチックスポーツ公園の遊具まとめlアクセスや駐車場について

太宰府市の竈門神社付近にある梅林アスレチックスポーツ公園。

太宰府市が運営している公園ですが子供が遊べる遊具なども多く、子連れで楽しむ家族も少なくありません。

梅林アスレチックスポーツ公園にまだ行ったことがない方や、子連れで体をおもいっきり遊ばせられる公演をお探しの方に梅林アスレチックスポーツ公園について詳しくお伝えしていきますね。

梅林アスレチックスポーツ公園の基本情報

梅林アスレチックスポーツ公園は毎週月曜日が休館日となっています。

わたしは何度も間違えて月曜日に足を運んでしまい「あぁ…そういえば休みだった…」という経験をしているので皆様もお気を付けください…。

月曜日が祝日の場合は翌日が休館日、年末年始も休館になっているので太宰府市のホームページ等で確認してみてください。

また今年4月のように緊急事態宣言が出されたときも、期間中は休館になっていたので気を付けてくださいね。

梅林アスレチックスポーツ公園には多目的グラウンドという人工芝のグラウンドがあります。

こちらを利用するには太宰府市五条にあるいきいき情報センターでの予約が必要になります。

利用したい方は事前に予約をするようにしてください。

梅林アスレチックスポーツ公園の駐車場となりにある管理棟には自動販売機も備えられてあります。

外で遊ぶとどうしても喉が渇いてしまいますし、熱中症対策にも水分補給は大事です。

飲み物を家に忘れてしまった…という場合でもサクッと水分補給できるのでおすすめです。

梅林アスレチックスポーツ公園の遊具は?

梅林アスレチックスポーツ公園の遊具は大きく分けて2つあります。

下のフロアと坂を上がって上のフロアです。

下のフロアは主に未就園児から低学年が楽しく遊べる遊具です。

大きな滑り台から、縄わたりなどの複合型のアスレチックなど様々です。

未就学児を連れて遊びに行ったことがありますが、基本的に下のフロアの遊具で満足してくれました。

上のフロアは急な坂を上ったところにあります。

この上のフロアはここ数年でリニューアルが行われ、かなり面白いアスレチックが増えています。

小学生は上のフロアの方が楽しそうに遊んでいました。

ターザンの遊具からロッククライミングのように壁を上る遊具。

うんていや高さのあるアスレチックなど、1日遊び倒せるくらいの遊具が揃っています。

また上のフロアからの眺めが最高!!

綺麗な景色を見ながらお弁当を食べるのも最高ですよ!

梅林アスレチック公園のアクセス方法は?

梅林アスレチックスポーツ公園の場所は以下の通りです。

山の方にあるため、徒歩で行く場合は坂を上っていくので体力的につらい部分も多いかと感じます。

梅林アスレチックスポーツ公園前に太宰府市営バス「まほろば号」のバス停があるので、そちらを利用されると良いです。

まほろば号は運行本数が少ないため、まほろば号を利用する場合はあらかじめ運行時間を確認してくださいね。

駐車場はある?

駐車場はあります。

大体50台ほど停められるでしょうか。

多目的グラウンドでサッカーがあっていたり、公園の利用者が多い場合は駐車場待ちしなければいけないときもありますので、やや駐車場の数は少なめです。

梅林アスレチックスポーツ公園の周りには駐車場がないため、人のいない時間を狙っていくのもおすすめです。

梅林アスレチックスポーツ公園の遊具まとめ

梅林アスレチックスポーツ公園の遊具についてまとめました。

下のフロアは未就園児から小学生低学年、上のフロアは小学生が楽しく遊べる遊具が種類豊富です。

上のフロアに行く際、保護者の方は十分にストレッチをしていくようにしてください!

なぜならかなり急勾配の坂を上っていかなければならないからです…。

毎回上のフロアに行った次の日はもれなく筋肉痛になっているわたしです…。

お子様のストレス発散、保護者の方は運動不足解消のために梅林アスレチックスポーツ公園に足を運んでみてはいかがでしょうか?^^