おでかけ

新町公園(太宰府市)の遊び方まとめl遊具や特徴・おすすめポイントについて

太宰府市ののどかな場所にある「新町公園」。

ここは知る人ぞ知る公園なので、遊ぶ人も少なく幼児にはとてもおすすめ公園スポットになります。

「人が少ない公園で遊びたい!」

「他の人と会うことがない場所でゆっくり遊ばせたい」というママにおすすめです。

新町公園にある遊具や何歳ぐらいのお子様に適している公園なのかなど詳しくまとめました。

新町公園にある遊具は?

新町公園には5つの遊具があります。

・ブランコ2つ

・鉄棒(高さが2種類)

・砂場

・ばね式の乗り物(ひよこと車の形)

・すべり台

他の公園に比べて遊具はかなり少ないですが、小さなお子さんであれば十分楽しめる遊具になっています。

実際に5歳3歳の子供を遊ばせていますが、つまらない!など文句を言われたことはないのでご安心ください^^

新町公園には休憩スペースはある?

新町公園には休憩スペースが1か所あります。

屋根つき、4つの椅子がありお子さんとお茶を飲んだり、おやつを食べたりする場所がありますよ。

ひとつ注意しておいてほしいポイントは、手を洗うなどの水道はないということです。

手を汚してしまった後のことを考えて、ペットボトルに水を入れて持っていくかウエットティッシュを持っていくなどあらかじめ準備が必要です。

水道がないということだけ頭に入れておいてください。

新町公園は何歳に適している?

公園なので基本的には何歳でも遊べるかと思いますが、歩けるようになってから小学生低学年までは楽しく遊べるのではないかと感じます。

遊具が少なく、スタンダードな遊具ばかりなので小学生中学年ぐらいになると「つまらない」と感じるお子さんが多いのではないでしょうか?

未就園児の子どもに人気なのはやっぱり「砂場」です。

スコップやバケツなどの砂場遊び道具はないので、ご自身で準備してください。

砂場にはネコなどの動物が入らないように柵が取り付けられているため、他の公園より衛生面は安心して遊べるのが特徴ですね。

新町公園で気を付けてほしいポイントについて

新町公園では禁止にしている遊びがあります。

それは「ボール遊び」です。

新町公園の隣は普通の民家なので、ボールを投げ飛ばして民家の庭に入ってしまった…という光景を何度か見たことがあります。

新町公園自体がそこまで広くなく、どちらかというと縦長に近い公園なので、ボール遊びには向かないです。

ボール遊びがしたい場合は他の公園で遊ぶことをおすすめします。

 

また曜日によっては15時ぐらいから小学生がたくさん遊んでいます。

時には自転車を乗り回していることがあるので少し危ないと感じることもありますので、小さいお子さんを連れて遊ぶ場合は午前中・もしくは15時までの間に遊ばせると安全だと感じます。

新町公園のおすすめの遊び方は?

新町公園の特徴は「縦長」だというところだと感じます。

おすすめの遊び方はある程度言葉がわかるお子さん(幼稚園児・保育園児)であればだるまさんがころんだをして遊ぶのがおすすめです。

縦長な公園ですので、だるまさんがころんだが十分に楽しめる距離があります。

また時々近くの保育園(白川にある大宰府園)の保育園児が新町公園に遊びに来ます。

未就園児のお子さんでたまには同じ年頃のお子さんと遊ばせたいなぁというときは、保育園児と一緒に混ざって遊ばせることも可能です。

太宰府園の保育園児が遊びに来る日時はバラバラですが、大体午前中(9時半から11時の間)に遊びに来ていることが多いです。

同じ年頃の子と交流させたい!という場合は午前中に新町公園に行ってみてくださいね。

新町公園の遊び方 まとめ

比較的に静かで人も少ない公園です。

未就園児だとお子さんも親御さんもストレスなく楽しんで遊べると感じます。

手が汚れたときに手を洗える水道がないので、そこは気を付けて頂きたいと思います。

砂場セット、手が汚れたときに綺麗に出来るグッズがあれば最強です。

シートを持って行ってお弁当を食べるのもあり^^

お外で楽しい時間を過ごしてみてくださいね。