童子切安綱、三日月宗近、鬼丸国綱、大典太光世、数珠丸恒次

天下五剣

刀剣乱舞において、具体的に、どの日本刀のことを言うのか、ご存知でしょうか?どんなところが優れているのか。なぜ「5」という数字なのかなど、詳しくご紹介します。「天下五剣」(てんがごけん)とは、数ある日本刀の中でも最高傑作と呼ぶのにふさわしい5振のことです。その5振とは、「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)、「三日月宗近」(みかづきむねちか)、「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)、「大典太光世」(おおでんたみつよ)、「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)です。この天下五剣という名称が、刀剣関連の書物に登場するのは、明治時代以降になってからです。また、この名称を考えた人物も、詳しくは分かっていません。一説によると、天下五剣という名称は特定の人物が考えた物ではなく、刀剣にかかわる人々の間で「自然発生した物ではないか」とも言われているのです。それでは簡単に、天下五剣についてご紹介しましょう。

天下五剣は、大昔から数多くの歴史的な人物にかかわってきました。足利義輝(あしかがよしてる)は、室町幕府の13代将軍です。剣術の達人である「塚原ト伝」(つかはらぼくでん)と「上泉信綱」(かみいずみのぶつな)から剣術を学んだことから、剣豪将軍と呼ばれていました。刀剣を収集することにも熱心で、数珠丸恒次をのぞく4振の天下五剣を手中にしています。「永禄の変」と呼ばれる歴史的な反乱が起こり、義輝は京の二条城で大軍に包囲されました。敵兵が城内に侵入してくると、義輝は収集していた名刀を持ち出して迎え討ったのです。

天下五剣

童子切安綱

どうじぎりやすつな
源頼光が酒呑童子退治に用い、童子の首を落とした刀。人の胴体六つを叩き斬り、土台に刃が食い込むほどの鋭さを誇る。

鬼丸国綱

おにまるくにつな
北条時政を鬼の呪詛による病から救った。その際、時頼の夢に老人の姿で現れたという。

三日月宗近

みかづきむねちか
天下五剣で“最も美しい”とされる刀。高台院(ねね)が所有しており、高台院の死後は徳川家に渡った。

大典太光世

おおでんたみつよ
人の胴体を二つ以上を輪切りにできるという謂れを持つほか、年月を経て強大な霊力を宿している。

"最初は加州清光 / 歌仙兼定 / 山姥切国広 / 蜂須賀虎徹 / 陸奥守吉行の五振りの中から一振りを選び、以降は四種類の資源を用いた『鍛刀』や戦闘後のドロップなどで集めていくことになります。 "

刀剣乱舞

-ONLINE-