About

歴史改変

刀剣乱舞の作中において、過去を改変しようと企む時間犯罪者が「正しい歴史への修正(歴史改変)」を標榜し、歴史修正主義者を自称としました。物語の始まりは西暦2205年です。 歴史の改変を目論む「歴史修正主義者」によって過去への攻撃が始まります。 ときの政府は、それを阻止するため「審神者(さにわ)」と呼ばれる者を各時代へと送り出します。 審神者は、眠っている物の想い、心を目覚めさせ、自ら戦う力を与え、振るわせる、技を持つ者です。 その技によって生み出された付喪神「刀剣男士」と共に歴史を守るため、審神者と呼ばれる者は過去へ飛びます。

歴史改変
歴史改変

Synopsis

歴史修正主義者

西暦2205年、歴史修正主義者を名乗る時間犯罪者達は正しい歴史への修正を標榜し、時間遡行軍を編成、文字通り時間遡行を繰り返しながら我が国の歴史への攻撃を開始します。 対峙するときの政府は時間遡行軍を追伐するために、「審神者」と呼ばれる者を派遣し、すべての歴史の守りとします。 しかし、時間遡行軍だけを倒して歴史が混乱しては意味がないので、 歴史を守るために派遣は最小限とされ、その介入方法も厳しく制限されます。 対する時間遡行軍は未来から無限に兵力を輸送し、過去に送り出していました。 号して八億四千万といいます。これまで八島が産んだ人よりも多い軍勢です。 勝敗は誰の目にも明らかでしたが、ときの政府には一つの勝算がありました 。 それは、審神者なる者の「物の心を励起する技」です。 眠っている物の想い、心を目覚めさせ、自ら戦う力を与え、振るわせることです。 審神者なる者は過去へ飛び、 いにしえの精神と技の結晶である刀剣から生まれた最強の付喪神「刀剣男士」と共に歴史を守るため立ち上がります。

刀剣乱舞

「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる、太刀「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)を作刀したのは、平安時代の刀工「大原安綱」(おおはらやすつな)です。

刀剣乱舞

「童子切」という号は、「源頼光」(みなもとのよりみつ)が「酒呑童子」(しゅてんどうじ)という鬼を切った伝説に由来しています。

刀剣乱舞

「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)は、最上級の価値を持つ日本刀です。数ある日本刀の中でも特に名刀と言われた天下五剣の中でも最も古いことから、特別な地位を確立している名刀中の名刀です 。

刀剣乱舞

「天下五剣」の1振に選ばれているだけではなく、天下五剣の中でも最も古いことから、その筆頭という特別な地位を確立。